即日事業融資で現金を手に入れられる場合もある

即日事業融資で現金を手に入れられる場合もある

即日現金が手に入る事業融資(女性40代)

私はかなり資金繰りやお金の扱いが上手な人間なのですが、ビジネスに係るお金についてもそのスキルを活かして上手に活用したことがあります。一般的に借金をした人は自分の懐に一度お金を納めたがりますが、私は当時仕入れにお金が足りなかっただけなので、ネット上でもできる事業融資を申し込んで、仕入れに必要な金額だけまとめて取引相手の口座に振り込んでもらうという事もできました。
基本的に振り込み履歴には振込先が残りますが、ネット上からのお願いをして振り込み人の情報を消費者金融とわからないようにして振り込んでほしいことを伝えるとすんなりOKをもらい、面倒な振り込みをしなくて済みました。取引先には電話で振り込まれたかどうかを確認し、しっかりと取引も成立しました。

 

もちろん、口座番号の打ち間違いなどがあるといけないので、私自身がしっかりチェックして、長年お付き合いがあってしっかりと番号も暗記している会社だったので、心配も最小限で済みました。これが初めての取引をする相手であれば、そんなことは避けたかもしれませんが事業融資をそのまま振り込めたので、引き出し手数料や振込手数料などは余計にかからずに利用できました。

 

リスクは伴うものの、私自身がしっかりとしていれば、こういった使い方もできるということで覚えておいてもらえればと思います。即日でも利用できたサービスなので借り入れをしようと思っている方は是非工夫して使ってみてください。

 

現金以外の使い方もできる事業融資

振込先に事業融資資金を投入

一般的にはあまり良くない方法ですが、振り込み人が消費者金融とわからないような場合やいちいち口座間のお金の移動をさせている時間すらない場合には、消費者金融から直接振込先を支払先に設定してお金を支払うこともできます。

 

基本的に、契約者本人の口座にしか入金してもらえないので、かなり特殊な例ですが、事業融資を行う専門の消費者金融を利用するときには多少は検討してもらえます。近年は24時間返済も借り入れも振り込みもできるので、発展したサービスを上手に活用して少しでも有利に手続きができるように事業融資も活用していきましょう。

 

支払いも簡単にできるサービス

事業融資を振り込んでもらう口座をしっかり検討しておくと多少であっても金利を節約できます。一度メインの口座に融資をしてもらえればそこからスムーズに各種支払いもできるので、場合によっては社内や自宅のネットワークから送金することもできます。

 

近年はサービスの発展と充実のおかげで24時間お金を動かせるようになったので、上手に金銭管理をして安全な資金管理をしましょう。仕入れ金額の支払いなどは振り込みだと時間がかかることもあるので、近場に会社がある場合には一時的に現金として引き出して支払うのもよいでしょう。ちょっとした工夫が金銭の支払いをスムーズにするので、時間や時期も考えて事業融資を頼りましょう。

 

不足分を頼ることも可能な融資

事業融資は、例えば必ず満額の1000万円を借りなければいけないわけではありません。必要な金額だけを借り入れればよいので、購入しようとした機械や設備の支払いに必要な金額だけ借り入れることもできます。事業に必要な不足している分の金額だけを利用することももちろんできるので、工夫してサービスを活用しましょう。

 

事業融資では特に借り入れすぎると危険が大きくなるので、返済もスムーズにできるような金額に絞って借り入れを行いましょう。銀行や消費者金融の担当者とも相談して安全に借り入れができるように、十分な準備とコミュニケーションをとっていきましょう。時には、まとめて借り入れておいて万が一の状況に備える必要もありますが、借りすぎるとそれだけ返済も大変になり、会社の信用情報にもその履歴が残るので十分に注意が必要です。