手堅く銀行の審査を通過して事業融資を成功させる

手堅く銀行の審査を通過して事業融資を成功させる

銀行の頼れる事業融資で2000万円借入(男性30代)

私が会社を立ち上げる時に銀行の事業融資を活用しました。自身で貯めた1000万円と既に個人事業で初めて利益をあげていたプロジェクトを合わせて銀行に持って行き、ローンの相談をすると事業計画や収入計画などさまざまな審査項目について教えて下さいました。担当の方は変わらなかったので安心して相談することができ、ローンも2000万円の事業融資が利用できました。

 

必要としていた金額は確保できましたが、返済計画も忘れずにしっかりと立てていたので、2年で借りた分は返済できました。金利は別途支払うシステムだったのでもう少し頑張って利益を上げていって完済できれば良いという段階です。また、返済末期になってから銀行からさらに融資の提案がもらえて、認めてもらえたと言う認識も生まれて嬉しく思います。

 

しかし、今すぐには借り入れをする予定がなく、新たに借り入れする気はないです。余計な投資をしすぎて失敗しないように地道な努力を続けている最中です。2000万円という金額は大きく見えますが、事業という単位で見ると毎月の利益が150万円を超えるので、そこまで大きなものでもありません。借り入れをする時には返済もその返済期間も考えておくと安全に融資が受けられるはずです。

 

また、銀行から借り入れる場合にはなんでもかんでも融資を受けるのではなく、しっかり自分の意志を強く持つことも大切です。金銭管理ができるかどうかもそうして判断されることがあるので、自分の芯を強く持つようにしましょう。

 

まとまったお金を借りるなら銀行のサービス

金利が低めの銀行の融資がおすすめ

まとめて事業融資を活用するならばやはり消費者金融のサービスよりも銀行のサービスのほうが安全です。金利が低く、返済期間にも余裕があるので余計な心配をしなくて済みます。返済方法もそれぞれの銀行によって会社に振りにならないように工夫してくれることもあります。

 

消費者金融のサービスでは、細かい契約内容の変更がしにくいですが、銀行であればある程度は相談して要望に答えてくれます。銀行にとっても事業融資は銀行のお金を増やすチャンスなので、しっかりとアピールをするようにしましょう。金利だけではなく、返済方法も安全に利用できるものかどうか確認しておくのが安全な借り入れのコツです。

 

審査には十分な事前準備をしよう

銀行から事業融資を受ける場合には、審査にかなり準備が必要です。1度の銀行訪問では手続きが負えられないので、担当者の方と一緒に少しずつ融資が受けられるように話を進めていきましょう。事業の可能性や金銭管理の工夫なども変えていきながら銀行目線で安全に融資ができるかどうかをチェックしてもらうのも良いでしょう。

 

審査は厳しく時間もかかりますが、業績の伸びや事業の安全性、リスク回避の方法などさまざまな検討がなされているほど銀行もお金を貸しやすくなります。しっかりと数値でデータを出して、結果を出し続けていることを証明しましょう。また、地域に貢献できているかどうかもとても大切なポイントです。

 

地域の銀行を頼るとより有利になる

その地域だけで事業を行っている場合には、その地域に関係が深い銀行を頼ったほうが融資が受けやすいです。地方の発展に貢献できそうな事業や、NPO法人などであれば融資の可能性も多少高まります。大手の銀行を頼るのも良いかもしれませんが、融資して欲しい金額と地域への関係性も考えて、地方銀行も視野に入れておくとより安全に借り入れができるでしょう。

 

審査についても借入金額が少なくなるならば、審査も多少余裕が出るので、上手にバランスを取って計算していきましょう。会社にとっても銀行にとっても無理のない事業融資になるようにしっかり工夫して手続きを行いましょう。